緊急対応可(お問い合わせ下さい)

刑事事件

刑事事件にかかわることになってしまった場合に不安は募っても、
どう行動するべきかが分からずに、お困りになる方がほとんどではないでしょうか。

 
   トラブルを起こしてしまった
 家族が逮捕されたがどうしたらいいかわからない
 捕まっている家族の処分はどうなるのだろうか
 身柄を拘束されている親族に会うことができないが何とか連絡をとりたい

私たちはこれらのご不安等の解消に向け、何よりも被疑者被告人とされている方
ご本人の利益・権利を守るために積極的に活動します。
また、民事上の問題の解決を要する場合についても、併せて活動します。

 

      1. 迅速かつ手厚い活動を心掛けています。

      2. 接見のご依頼も受けております。

      3. 当事務所の重点的な取扱分野として随時ご相談を承っています。

刑事事件における弁護人の活動

被疑者弁護について

犯罪行為を行ったとして捜査の対象となり起訴されるまで(少年の場合は家庭裁判所に送致されるまで)の法律上の呼称は「被疑者」と言います。
この被疑者段階において弁護のご依頼を受けた場合、弁護士は被疑者の弁護人としての地位で活動することになります。
被疑者段階の弁護活動は(身柄拘束がなされていることが前提となります)、
①早期に被疑者との接見を行うこと(逮捕手続中、接見禁止が付されていても弁護人は接見可能です)、
②接見の際、被疑者としての法的な権利を告知すること、
③捜査機関の予想される取調に対するアドバイスを行うこと、
④取調状況、留置の状況につき把握し、適正な手続がなされるよう監視すること、
⑤外部との交通が制限されるので脱法的な内容とならない限り親族等の皆様と被疑者の方との連絡のお手伝いを行うこと、
⑥被疑者とされる方が犯罪行為をされたことを認めている場合には被害者のいる犯罪について早期に示談を行うこと、
⑦可能な限りの早期の身柄解放を目指すこと、
⑧起訴がなされないよう警察・検察官と交渉すること
などです。

被告人弁護について

被疑者が検察官に起訴された場合、その方は法律上「被告人」と呼ばれることになります。
この被告人段階における弁護人の活動は、
①(希望があれば)保釈に向けた活動を行う、
②検察側の証拠の内容を確認し、被告人の方とその内容に関し打ち合わせてこれらの証拠に対する対応を決定する、
③当方に有利な証拠の収集(現場の状況確認、当方に有利な供述証拠の有無の確認、証人選定、罪を認める自白事件については被害弁償等に関する証拠やご親族の監督等に係わる打合せ等)、
④裁判所における手続への出頭、弁護(裁判員裁判における公判前整理手続、公判期日への出頭、弁護人としての意見、尋問等)
⑤判決に不服がある場合には上訴手続を取る、
などです。
 

たとえば、このような場合にご相談下さい。

・家族が警察に捕まったがどのようにしたらいいかわからない
・家族が逮捕されたが警察に行っても面会できないで困っている
・捕まった家族が今後どうなるのかわからない
・警察に捕まっている家族が警察でどのように扱われているか不安だ
・捕まっている家族に早く帰ってきてもらいたい
・捕まっている家族が起こした犯罪の被害者に賠償したいがどうしたらよいか
・弁護人を探している